副業はやばい?マイナンバー制度について

副業をするうえで、マイナンバー制度はそれがばれやすくなってしまう、ということでちょっと騒がれてます。なんでも、住民税が本業の所得で課せられるものよりも多くなるため
、「なんで多いの?」というところから副業がばれるということらしいです。通知が会社にも届いてしまうとなると、厄介ですね。あくまで本業にプラスして稼ぐ、ということなので、
副業のせいで本業までなくなってしまうとなれば本末転倒。これは回避したいところです。

ですが対策方法はもちろんあります。それを行えばリスクは限りなく小さくなります。それは確定申告に秘密があるようです。

副業がばれないマイナンバー制度の対策

副業がばれる原因は、会社に住民税の通知が届く、というところで、これをなくせば副業はまで通り可能となるでしょう。その方法はズバリ、確定申告時に「普通徴収」に切り替えること。
副業に関する情報として、これを行うだけで通知はされなくなります。市町村によってこの方法ができないという場合もあり、その時は相談しにいって、確実な手段を知っておくことが大事です。

また、これで100パーセントばれない、ということではないという点にも注意です。特別徴収なんかの通知がいってしまったり、という点もあるので、そこら辺は税理士さんにきいたりと、工夫をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です